野球が好きでもいいですか

女子だって、野球をするのも見るのも好きなんです

2000本のすごさを身近に置き換えてみようとした

2000本安打

巨人の阿部選手が2000本安打を達成した。

つづいて陽岱鋼選手も1000本安打を達成。この日は球場にいたにも関わらず、仕事でプレイボールからは見られなかったので、生で見ることはできなかった。

 

阿部選手の快挙は、

史上何人目だとか、

ジャイアンツ生え抜きの選手では何人目とか、

30代での達成は何人目とか、

すごい記録であることは、「何人目」で表されることが多い。

その人数が少ないからすごいというのは当然なのだけれど、

すごくないと思っているわけでは全くないのだけれど…

 

ただただ単純に、

2000本のヒットを打つということの大変さが

どうしたって想像できない。

 

1年間で144試合もしたことないし。

ヒット一本打つのも超大変だし。

超大変×2000=…∞?

 

何か想像つきやすい「2000本」はないんだろうか。

 

阿部選手が2000本を達成した日までの通算記録は、

打率.285

試合数 2056

打数 7023

安打 2000

となっていた。

スポナビのサイトからその日に抜粋したのだが、もう今は更新されてしまっている。

baseball.yahoo.co.jp

 

上記リンク先によると、阿部選手が出場し始めたのは2001年なので、今シーズンで17年目。

 

2割8分の確率で、16年以上継続して、何かを成功させ続けているということだ。

そんなことできるのか?

 

身近に置き換えようとする

仕事でテレアポみたいなものをかなりやることがあるが、10件かけて留守電にもならずに話せるのが2件くらいのような気がする。

100件かけて28件繋がるか?

1/4だと思うとつながりすぎに思える。違うか。

 

率で考えると難しい。

本数で考えよう。

 

 毎日プロ野球の試合のことを書いたとしても、

1年で144試合だから、2000試合分になるには…

13.888…年かかる…

まじか…

 

身近に置き換えるのは無理だ。

そもそも、16年以上も続けていることが、わたしにはないかもしれない。

生きることと生きるのに必要なことくらいだ。

携帯を買ってもらってから毎日携帯見てるけど、それも、12年くらいしか経っていない

(が、逆に、12年もケータイを持ってるんだと思う気持ちもある)。

 

 2000本安打、やっぱり、想像できないくらい、すごいんだなという結論。

 

 

今日のスポーツウォッチャーの阿部選手の企画は、録画してるので後追いでみます。

 

 

めい⚾︎

 

 

 

パペットはかわいい!!

マスコットのパペットは正義

各球団のマスコットは、それぞれ個性があってそれぞれかわいい。

グッズもいろいろあるが、中でも絶対かわいいのはマスコットのパペットだ。

ぬいぐるみもかわいいけど、パペットがいい。

ぬいぐるみじゃ応援に使えないもん。

パペットの口をパクパク手をパタパタさせながら応援するのが楽しいのだ。

 

選手のパペットも

他球団のことはあまりわからないが、ジャイアンツは選手にフィーチャーしたパペットもある。

 

坂本選手のライオン

亀井のカメ

過去には小笠原選手のクジラ(小笠原諸島との縁があるらしい)

などなど。

 

おととい1000本安打を放った陽岱鋼選手のパペット「ヒョウダイカン」も明日からインターネット限定で販売されるらしい。

Yomiuri Giants Official Web Site

 

まだ写真がないけどこれもきっとかわいい。。

 

 

今日正午に発売 アベドッグハンドパペット

阿部選手の2000本安打記念グッズが発売されているが、
今日正午から発売になるものがある。
アベドッグハンドパペットだ。
これが!かわいい!!!

 

ジャイアンツショップオンライン/商品詳細 【8月18日発売予定】 阿部慎之助2000安打達成記念アベドッグハンドパペット

 

ジャイアンツショップオンライン/商品詳細 【8月18日発売予定】 阿部慎之助アベドッグハンドパペット【通常版】

 

しかも、2000本安打記念バージョンと、通常バージョンの二種類がある。

 通常バージョンは過去にも販売されていたが、しばらくは売っていなかった。

これはゲットするしかない!

 

 

めい⚾︎

入場曲のセンス

入場曲で選手がわかる

昨日は雨でずぶ濡れになりながら神宮で観戦してきた。

阿部の2001本目のヒットが坂本に続く二者連続ホームランで、

それを見届けられたのは最高だった…!!

 

ビジターの試合でも、阿部の打席の前には

レフトスタンドの応援団が「September」を演奏する。

選手が自分で決めている入場曲だ。

ホームの東京ドームでは、どの選手でも入場曲が流れる

ビジターで観戦するときは、応援団による演奏しかないし、それこそ「September」くらいなので、

ちょっとさみしい。

球場で何試合も見ていると、どの選手が何の曲かだいたい覚えるし、

逆に、曲を聞いて選手がわかるようになる。

 

歌いたくなるのは「キセキ」

阿部の「September」は、

「ホームラン阿部慎之介」となんとなく歌詞があり

それ自体が応援のコールのひとつになっている。

 

長く同じ曲を使っているのはおそらく、村田と坂本である。

村田はmaroon5の「sugar」、

坂本はGReeeeNの「キセキ」。

 

坂本の入場曲は、3打席目から「キセキ」になる。

2打席目までの曲は結構コロコロ変わっていて

「let it go」のときもあったし、洋楽のときが多いと思う。

歌いたくなるのはやっぱり「キセキ」だ。

歌詞を抜粋すると、

2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして
いつまでも君の横で 笑っていたくて
アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど
せめて言わせて 「幸せです」と

 

この

「あ〜あ」

「ま〜だ」

を叫ぶのが、「キセキ」の醍醐味だ。

抜き出すと言葉自体にはほとんど意味がないが、

なぜかここをみんなで絶叫するのである。

 

このあいだ東京ドームに行ったときは、

お父さんに連れられてコンコースを歩いている4歳くらいの男の子が、

グラウンドのほうにまったく目を向けないまま

流れてきた「キセキ」に合わせて

「あ〜あ!!!!」「ま〜だ!!!!」

と絶叫していた。

英才教育だ。

 

ちなみに、長い時は「『幸せです』と〜」まで歌えるときもある。

 

入場曲はセンスが光る

数年前、中井大介が寝坊で練習に遅刻したあと、先輩選手が勝手に彼の入場曲を「Wake up」という曲に変えたという話があった。

 

それから、今シーズン活躍が期待されていた岡本和真は、ブルゾンちえみのあの曲に変えた瞬間2軍落ちした。

 

個人的には小林の「走り出そう」(ファンモン)とかも好きだが、

手拍子の大きさを聞いていると、まだ馴染んでない感がある。

ファンモンの曲といえば、

ヤクルトの川端慎吾が設定している「悲しみなんて笑い飛ばせ」かな。

 

観戦のときは、入場曲も楽しみの一つだ。

 

 

めい⚾︎

 

応援が楽しいと球場にいくのも楽しくなる

応援が楽しい!!

今日は野球観戦に行く!!

 

野球観戦の何が楽しいって、一番は応援だ。

選手の応援歌がわかるととても楽しい。

中学高校の体育祭の応援みたいだけど、

スケールが全然違う。

テレビを見ているだけでも応援歌は口ずさんでしまうけれど、

球場に行った時の「スタンドの一体感」はめちゃめちゃいい。

 

DeNAファンの友だちは、

野球をあまり知らない子と一緒に球場にいくときはかならず

選手の応援歌とチャンステーマの歌詞一覧を印刷して持っていっている。

たしかに、野球がよくわからないまま外野スタンドでポツンとするよりは

歌詞を見ながらでも一緒に歌える方が楽しめると思う。

すごいサービス精神。

 

一緒にやりやすい応援

歌詞が難しくなくても、意外とリズムが難しくて覚えにくい応援もある。

カンタンで楽しくて乗りやすい応援は

広島の応援だと思う。

広島の選手の応援は、歌詞が一周したら

その選手の名前を繰り返すだけになる。

リズムも難しくなくて、カンタン。

ただし、体力をつかう。

なぜなら、リズムに合わせてスクワットするから。

立つ、座る、立つ、座る

座る、立つ、座る、立つ

なんとなく全体的に、半々に、交互に、

立つ、座る

を繰り返す。応援歌が終わるまでずっと。

でもこれも楽しい。

なんでだいたい半々になるのかいつも不思議。

 

歌いたい応援歌

覚えられやすくて、敵味方関係なくなんとなく歌ってしまう応援歌がある。

 

たとえば、

DeNA・筒香。

両手を前に伸ばして

「横浜の空高く ホームランかっとばせ筒香」

と始まる応援歌。

これはまじでかっこいい。

さすが日本の4番である。

 

あと、

ヤクルト・山田哲人

とかもかっこいい。

 

そして、歌詞がかっこよすぎるのは

阪神・大和。

------

行け 猛虎戦士 大和
誰しもの この夢のため

戦え大和 お前の使命

------

いやスケールすごすぎる〜

 

 

他にも好きな応援歌はたくさんあるんだけど

少しずつ出していこうかな。

 

とりあえず、雨やみますように。

 

 

めい⚾︎ 

 

 

野球ができるイケメンを「やきゅめん」と呼ぶことにする

野球のかっこいいところ

野球が上手い人は大抵かっこよくみえる。

私が野球を見ていてかっこいいと思うポイントをざっくりわけると5つ。

 

  • 華やかな守備
  • 豪快なバッティング
  • 隙のない走塁
  • 地味で堅実なプレー

 

順番に具体例を出してみよう。

 

華やかな守備

これ。これが一番好き。

 

二遊間とれるかとれないかギリギリのボールに飛びついて、ノーステップで送球!

とか、

後ろに守ってた外野が、前に突っ込んでフライをダイビングキャッチ!

とか、

空振りとったキャッチャーが強肩で盗塁を刺す!

とか

顔の前に来たライナーを反射的にキャッチ!

とか

 

シーンでいうとそんな感じ。

選手でいうと、

巨人・坂本、村田、松本哲也

広島・菊池

中日・谷繁

ロッテ・岡田

とかかなぁ。

 

豪快なバッティング

これはもう言わずもがな、

ドカンと一発ホームラン。

あと、左バッターの流し打ちも結構好き。

 

巨人・阿部

DeNA・筒香、ロペス

ヤクルト・山田

広島・鈴木誠也

阪神・鳥谷、糸井

西武・秋山、中村剛也

ソフトバンク・松田、柳田

日ハム・大谷

あ〜好きな選手挙げてたら止まらないきりがないなぁ

 

 

隙のない走塁

走塁のかっこいいポイントは

モーションを盗んだ盗塁のスタート

スピードが落ちないスライディング

ホームに滑り込むときの手

かな。

 

無論、元巨人・鈴木尚広

こないだあったのは陽岱鋼

ちょっと前に亀井もあったかな。

あと最近だと重信の猛ダッシュも好き。

 

 地味で堅実なプレー

これは、隠れ一位のかっこよさ。

難しい球を難しくなさそうに処理する守備。

 

元ヤクルト・宮本慎也がまさにそれ。

というか、彼の本にそう書いてあった気がする。うろ覚えだけど。

 

難しい球をさばいてます!って感じに

逆シングルでとったり、

ダイビングキャッチしたり、

そういうが華やかな守備であり見応えもあってかっこいいんだけど、

本当のかっこよさは違う。

きちんと反応して足を動かして

打球の正面に入ってとる。

それがきちんとできることが、本物の守備なのではなかろうか!!!

 

巨人の寺内とかこのタイプかなと。

渋くて好き。

 

野球が好きじゃない人でもきっとこれは通じる。

見た目が普通にかっこいい選手、います。たくさん。

 

個人の趣味も一般論も含め抜粋すると…

巨人・坂本勇人小林誠司

阪神鳥谷敬藤浪晋太郎

広島・堂林翔太

中日・浅尾拓也岡田俊哉

ヤクルト・山田哲人

DeNA・関根大気

ソフトバンク今宮健太

日ハム・中島卓也西川遥輝

西武・金子侑司

楽天岸孝之

オリックス・小田裕也

ロッテ・荻野貴司

とか!!

まだまだいますがね!!

 

単純に、顔きっかけでも、選手を好きになって

野球を見るようになる人が増えたらいいなぁ。

 

野球×イケメン=「やきゅめん」

野球してたら基本みんなかっこいいけども、

ここまで書いてきたようなイケメンを

勝手に

やきゅめん

と呼ぼうと思う!!!

Googleで検索してもほとんど引っかからない。

新しい言葉として普及しないかな〜

 

写真とか動画とかまったく入れずに紹介してしまったから

今度順番に、選手がいかにかっこいいか紹介していこう。

やきゅめん…広まれ…

 

 

めい⚾︎

キャッチボールが下手なことに幻滅して彼氏と別れたことがある

すべての基礎、それがキャッチボール

野球の基礎中の基礎、それがキャッチボールだと思う。

 

相手にボールを投げること

飛んできたボールを捕ること

 

書いてしまえばたったそれだけ。

ボールがあって、2人以上その場にいれば、キャッチボールは始められる。

投げる、捕る。

それだけならたぶん、多くの人が「できる」。

 

でも、キャッチボールって、

そんなに薄っぺらくないと思う。

 

グローブ持ってるからキャッチボールしよう

数年前付き合っていた彼は、野球を全然知らない人だった。

私に趣味を合わせようとしてくれたのか、

うちにグローブあったからキャッチボールしようよ

と誘ってくれた。

ちゃんと投げられる?

と聞いたら、

キャッチボールくらいはできる

と言われた。

 

そしていざグローブを持ってきたその日、

公園でキャッチボールを始めた。

私が投げて、向こうが捕る。

その捕球が!!

グローブでボールを迎えにいくような

グローブを前に払うような捕り方。

それを見た瞬間つい「もうちょっと待ってとったほうがいいよ」と言ってしまった。

 

うーん、と腑に落ちない顔でボールをみた彼が、こっちに投げ返してくる。

その投げ方も、

体が正面を向いていて、肘が伸びて、

腕の力だけで投げている感じで…

いやまって違う違う違う。

砲丸投げみたいになってるわけではないけど、なんなのその投げ方どこで習ったの?

もっとこう肩を入れて…といろいろ言いそうになって、やめた。

これは練習ではなくて、遊びなのだから。と自分に言い聞かせていたけれど

途中で我慢できなくなってしまった。

 

一言にまとめると

下手。

 

「キャッチボールくらいはできる」と豪語した彼がめちゃめちゃカッコ悪く見えて

自分でも引くぐらい幻滅した。

そのあと彼と二度とキャッチボールはしなかったし、

この時の幻滅がきっかけでいろんなことが嫌になって、最終的に別れた。

 

キャッチボールが できる

野球未経験者に対して、しかも遊びのキャッチボールで

何を言ってるんだこの女は

ってなる気持ち、めちゃめちゃわかる。

思い返すとびっくりするくらいちっちゃい人間だと思うし、

あのとき相手に求めたストイックさがムダでしかないこともよくわかる。

 

でも、キャッチボールってそのくらい奥が深くないですか??

 

自分が投げたボールが縦回転してるかな

肘下がってないかな

体重移動できてるかな

相手の胸元にちゃんと飛んでるかな

とか。

相手が投げる姿を見て、

いいところは真似して

よくないところは指摘して

やったことないことも真似してみて

よかったら取り入れて

そうやって自分を進化させつつも

安定して同じところに投げられるようにするのが

キャッチボールのおもしろいところ。

飽きずにずっとできるところ。

 

キャッチボールできるって宣言するなら、

相手の胸元に投げられて

パシッといい音でキャッチできるくらいであってほしい。

私も常にそうありたい。

 

 

⚾︎

甲子園は漫画よりも奇なり

高校野球の季節!

初めて高校野球を見たのは、たぶん2006年のセンバツ

 

雨で部活の練習が中止になって、校内で筋トレしたあと、

学校のテレビで、横浜高校の試合を見た。

覚えているのは、現広島東洋カープ下水流選手が出ていたことだけで

名前が珍しいから、以外の理由はない。

 

とはいえ、当時大人に見えた高校生が、

負けたら終わりの世界で、

本気の勝負をしているのがとてもかっこよく見えた。

 

今調べて見たら、そのセンバツ横浜高校が優勝してるんだね…

 

現実がドラマになる

下水流選手を見たその年の夏は、

ハンカチ王子とマーくんの年。

決勝が延長戦になり、そのまま決着がつかず再試合に。

そんな展開ある?

再試合の駒大苫小牧の最後の攻撃は、

マーくんの空振り三振で幕を閉じる。

 

正直、漫画や小説でこの展開が繰り広げられたら

ベタすぎる。

 

というより、

作り話っぽすぎる。

 

野球は9回ウラ2アウトから

去年の夏、八戸学院光星対東邦の試合は

7回表に光星の攻撃が終わった時点で、9-2。

光星には7点のリードがあった。

 

追いかける東邦は、

7回ウラに2点、8回ウラに1点追加、

その間相手を0点におさえ、

4点差で9回ウラの攻撃に挑んだ。

 

レフトフライ、ライト前ヒット、センターフライで3人でツーアウト。

光星からみたら、あっという間に「あと1人」だ。

 

アルプスからの大きな大きな大きな声援を受けて奮起する東邦ナイン、

ここから怒涛の連打で1点、2点と徐々に点差を詰めていく。

いつのまにか、甲子園球場全体が

東邦アルプスの応援に乗って、タオルを回している。

点差が縮まっただけで、逆転したくらいの盛り上がりを見せていた。

 

球場を味方につけた東邦は、

そのまま勢いに乗って、逆転サヨナラで勝利をものにする。

9回2アウトからの大逆転劇だった。

 

こういう試合も、漫画や小説、ドラマで出てきたら

作り話っぽすぎると思ってしまう。

 

高校野球は、今ここで起きている現実だ。

現実だからこそ、本物のドラマになる。

今年もたくさんドラマが生まれている。

今日の二回戦に登場する彦根東

大会初戦をサヨナラでものにしている。

 

高校球児たちの活躍を見守りたい。

 

 

⚾︎